トランスミッションオイルっていつが交換するとき?

トランスミッションオイルの交換時期はその構造によって交換時期が異なっていますが、一般的には走行距離が5万キロ以上10万キロ以下で交換するといったものです。

ただし、これは一般的な走り方をした場合でサーキットなどで極端な負担を与えた場合には別です。
ただトランスミッションオイルは通常のエンジンオイルと異なり密封された空間で存在するため、オイル自体が減ったり汚れることは少なく、また異常が出てもすぐにそれがトランスミッションにダメージを与えるものではありません。

なお、トランスミッションオイルが汚れる理由としては、ミンションギアの摩耗や回転力による加熱によるものが中心になります。

なお、チェックの仕方としてはエンジンオイルと同様にオイルゲージスティックが用意されており、汚れ具合をチェックすることができます。

またオイルも通常のエンジンオイルと同じ工程でオイル交換をすることが可能です。

トランスミッションオイルが劣化することで発生する問題としてはギアチェンジが上手く行なわれなかったり、振動が発生するといったことが考えられ、これらの症状を放置することでトランスミッションそのものが壊れてしまうこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です