”スポーツカー”の基準って?

大前提として指摘できることは、スポーツカーの基準は速さ、パフォーマンスの絶対性能で決まるものではないということです。
それら絶対性能で決まる車は、レーシングカーであり、ハイパフォーマンスカーと呼ぶべきでしょう。

スポーツカーは、走る面白さ、ドライバーの主観が優先されるべきものです。
例えば、ギアの設定がクロスレシオになっており、速さを自在に操れるものであったり、足回りにおいて、ドリフト指向に振るためのチューニングの余地が残してあるものであったりということです。

絶対性能は云々されませんから、排気量や最高速、加速性能、コーナリング性能等は優先されません。

その意味では、運転していて面白いミニクーパーや絶対性能で劣る軽自動車のホンダビートなどもスポーツカーと呼ぶにふさわしい車です。

また、スポーツカーはエクステリアデザインに秀でている必要があります。
それこそ、街中に現れたらその場の空気を変えるほどの、ある種非日常的な佇まいを有していなければなりません。

フェラーリやポルシェ等がいまだにスポーツカーの最右翼であるのはその理由によるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です