ガソリン?軽油?ハイオク?違いって何?

燃料の種類を理解して車を運転する事は、とても大切です。
これを理解できていなかったとしたら、車の性能を十分に発揮させる事もできないかも知れません。

また、車が直接故障する原因にも繋がりますので、ドライバーとしては取り扱う車種に応じた燃料の種類を十分に理解しておく事が必要です。

一般的に多く利用されている車は、ガソリン車となっている事が多くあります。
燃料の元となる重油から精製されて作られている燃料の一つであり、発火能力がかなり強いものになります。

通常の車はこの燃料で良いのですが、エンジンが高級部類になってくるとハイオクタイプの燃料を使用しなければならなくなります。

こちらはエンジンのノッキングを引き起こしにくい燃料となりますので、それ専用のエンジンが搭載されている車があります。
もしもこのタイプのエンジンにレギュラータイプを入れてしまえば、走行性能の発揮が十分にできなくなります。

その他にもディーゼルエンジンには、着火方法が異なる軽油という燃料が使用されますので、間違ってガソリンを入れないように心掛けて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です